レンズ 気になる製品

17-28mm F/2.8 Di III RXD|発売前にして品薄!タムロンが凄いレンズを発売しちゃった。

「17-28mm F/2.8 Di III RXD|発売前にして品薄!タムロンが凄いレンズを発売しちゃった。」のアイキャッチ画像

こんにちは。ふわくです。
予約多数で品薄という、販売前にしてすでに大人気なTAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD をご紹介します。

ソニーのαシリーズ用のレンズ(Eマウントレンズ)なので、他のメーカーの製品をお使いの方には関係ありません。特にわたし(笑)。

しかし、この「製品を語る」コーナーでは「心惹かれる製品」ならなんでも取り上げてまいります!

アバター画像(デジかめん レッド)
デジかめん レッド
なぜだ!?なぜそんなに人気なんだ??

まぁ落ち着いて。ゆっくり見ていきましょうや。
アバター画像(プロフィールカード)
ふわく

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDではこんな写真が撮れる

このレンズの人気の秘密について迫る前に、まずはこのレンズで撮られた写真をご紹介します。

17-28mm F/2.8 Di III RXDのサンプル写真

17-28mm F/2.8 Di III RXDで撮った写真|画像引用元:TAMRON

まずはこれ。
明るい広角ズームといえば、星空撮影にも最適ですよね。
星空撮影したことがない人もこのレンズを買ったらぜひ一回トライしてみてください。
結構ハマるかも知れませんよ(笑)。

はい、次。

17-28mm F/2.8 Di III RXDのサンプル写真

17-28mm F/2.8 Di III RXDで撮った写真|画像引用元:TAMRON

旅行にでかけたときに出会う数々のオブジェもこのレンズなら自由に切り取って撮れます。
しかもこの写真には思いっきり日光が入り込んだ逆光写真であるにもかかわらず、コントラストもくっきりしていて素晴らしい逆光性能だと思います。

実は、このレンズ、表面のコーティングについては特殊なものが使われているわけではないようで、逆光性能に難があるんじゃないかと疑っていましたが、最近挙がってきたサンプル写真などを見る限り、いい意味で期待を裏切ってくれる仕上がりになってそうです。
17-28mm F/2.8 Di III RXDが発売されてどんどん素敵な逆光写真の作例が挙がってくるのがとても楽しみです!

はい、次はネコです。

17-28mm F/2.8 Di III RXDのサンプル写真

17-28mm F/2.8 Di III RXDで撮った写真|画像引用元:TAMRON

標準レンズだと被写体をクローズアップしつつ、背景を広く取り入れるというには向いていませんが、このレンズならなんてことはありません(笑)。

星空からオブジェ、スナップとなんでもござれの万能レンズとも言えます。
しかし、このレンズ、F2.8と明るいので、実はボケを活かした室内ポートレートも撮れます。

17-28mm F/2.8 Di III RXDのサンプル写真

17-28mm F/2.8 Di III RXDで撮った写真|画像引用元:TAMRON

前ボケ、後ボケともに硬さがなく、自然なボケです。
ボケの綺麗さには定評のあるタムロンならではといった感じがします。

フルサイズで使えば28mmは立派な広角ですが、それでもF2.8なので結構しっかりボケちゃいます。
わたしも普段28mm/2.8のレンズを愛用していますが、子ども撮り用のポートレートレンズとして大活躍しています。

さて、ではいよいよ、このレンズがなぜ人気なのかということについてお話ししたいと思います^^

人気の理由その1:F2.8通しズームレンズとしては異例の軽さ

17-28mm F/2.8 Di III RXD

17-28mm F/2.8 Di III RXD|画像引用元:TAMRON

重量はわずか428グラムです。
フルサイズ用F2.8通しのズームレンズとしてはありえないほどの軽さです。
他社のF2.8通し広角ズームレンズたちとの重量を比較してみました。

各メーカーのF2.8広角ズームレンズの重量比較

圧倒的な軽さです。
この軽さこそがこのレンズの最大の魅力だと思います。

ちなみにα7IIIのボディ重量は650グラム(メモリ、バッテリー含む)なので、ほとんどのレンズがカメラより重いということになります。
ストラップをかけてぶら下げるとカメラ側(主にマウント部)に負担がかかったり、バランスが悪かったりしますが、17-28mm F/2.8 Di III RXDはカメラよりかなり軽いため、カメラへの負担も少ないですし、何よりバランスがいいです。

17-28mm F/2.8 Di III RXDが軽い理由は、広角側が17mmスタートということが主な原因かと思われますが、それにしても軽いですよね。
わたしはかつて重量級の標準レンズ(900グラム)を常用レンズとして使っていた頃がありましたが、あまりに重く、持ち出すのが億劫(おっくう)になることが多かったです。
いくら画質がよくても重すぎると結局使われなくなるというのは本末転倒ですよね。
使う上で、重さは気にしないという方も一定数いらっしゃるかと思いますが、持ち運びの際も、重いバッグを持ち歩くよりは、少しでも軽いに越したことはないです。

アバター画像(デジかめん レッド)
デジかめん レッド
でも17mmって「超」広角と呼ぶにはやや中途半端な気がするんだが。

たしかに14mmや15mmと比較するのはちょっと違うかも知れない。
でもこの2、3ミリの差に許容できるならバツグンに取り回しがいいのは間違いないよ。
アバター画像(プロフィールカード)
ふわく

人気の理由その2:美しい。トップクラスのデザイン偏差値

17-28mm F/2.8 Di III RXDのデザイン

17-28mm F/2.8 Di III RXD|画像引用元:TAMRON

α7シリーズやα9に装着したときのデザインがまたかっこいいんですよ。
見てくださいこの絶妙なマッチング。

SONY α7IIIに取り付け
※この画像は寸法をあわせて合成した取り付けイメージです。

これぞまさにαシリーズのために生まれたレンズという感じです。
そして、ズームしてもレンズが伸びない(インナーズーム)という点もかなりポイントが高いです。

アバター画像(デジかめん レッド)
デジかめん レッド
レンズがびろーんって伸びるレンズってちょっと不格好なんだよな。。
いやゆる大三元と呼ばれる高価なズームレンズ以外はたいてい「びろーん」だよね。
アバター画像(プロフィールカード)
ふわく

そういう意味でも、このレンズの「デザイン偏差値」はかなり高いので、見てよし、見られてよし(笑い)です。

人気の理由その3:コスパ最高。価格はなんと純正の半分!

セール

SONYのFE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GMの7/24現在のネット最安値が約213,000円なのに対して、TAMRONの17-28mm F/2.8 Di III RXDは約104,000円。なんと半値以下!

アバター画像(デジかめん レッド)
デジかめん レッド
ただ安いというだけで「コスパ最高!」とか言ってる奴いるんだよな。。
このレンズはただ安いだけではなく、パフォーマンス抜群のレンズだよ。
アバター画像(プロフィールカード)
ふわく

人気の理由その4:瞳AFやファストハイブリッドAFに完全対応

SONYのαシリーズといえば、瞳AFやファストハイブリッドAFといった高性能なAFシステムですが、さすがこのレンズは専用設計とあって、いずれにもしっかり対応しています。
最近は一眼動画も需要が高くなってきていますが、駆動音も静かで動画にも向いているレンズだとタムロンさんも明言しています。

こんなん聞いてしまうと、ますますSONYユーザーが羨ましく感じてしまいます。。
わたしは今ニコンの一眼レフを使っていますが、瞳AFはないので、構図を意識しながら子どもの瞳にピントを合わせるのに結構苦労してたりしますが、SONYのαとこのレンズを組み合わせてたら室内ポートレートがはかどるんだろうなぁと妄想してます。

まとめ|安い、美しい、静か、高速と四拍子そろった高性能レンズ

たしか発売日はまさにこの記事を書いている今日7/25だったと思います(笑)。
もともと価格は安く抑えてくれていますが、増税前のタイミングで発売してくれたことにダブル感謝ですよね(笑)。

レンズやカメラを単に写真を撮るための道具として見る人もいると思いますが、持つ喜びや機能美を楽しむというのももう一つの楽しみ方だとわたしは思っています。
17-28mm F/2.8 Di III RXDはそんな思いにも答えてくれます。

それに加えて、AFが静かで高速なので、もう言うことないんじゃないでしょうか。
予約多数で一時タムロンさんから品薄のアナウンスが出たのもうなずけます。
なんだか珍しく褒めてばかりの記事になってしまいましたが、元カメラ販売員のふわくが本気でお勧めできるレンズです。

アバター画像(プロフィールカード)
ふわく
SONYに乗り換えちゃおうかな。。
またまた~
アバター画像(デジかめん レッド)
デジかめん レッド
アバター画像(プロフィールカード)
ふわく
いや、結構本気だったり。。
マジかよ!
アバター画像(デジかめん レッド)
デジかめん レッド
関連記事
SONYから軽すぎGレンズ3兄弟50mm/40mm/24mmが登場!!

こんにちは。単焦点レンズ大好き人間、ふわくです。先日、SONYから面白い単焦点レンズが3本同時発表されましたが、いよいよ発売です。 デジかめん レッド いったい何が面白いのよ? まずは、これをご覧なさ ...

続きを見る

関連記事
SONYユーザーなら一度は使ってみたい魔法のポートレートレンズ | SEL135F18GM 実写レビュー

こんにちは。元量販店カメラ担当のふわくです。今回は私が愛用しているSONYの最強ポートレートレンズ、FE135mm F1.8GMの実写サンプル満載のレビューをお届けします。いつも長い記事になりがちです ...

続きを見る

関連記事
子供の日常撮りにドンピシャ!ボケる広角レンズ SEL24F14GM実写レビュー

こんにちは。元カメラ販売員のふわくです。今回は、私のメイン中のメインレンズ、FE24mm 1.4GMをレビューしちゃいます!私がSONYのカメラを使う理由はこのレンズを使うためといっても過言ではないで ...

続きを見る

関連記事
SEL14F18GMが話題になっている本当の理由

こんにちは。元カメラ販売員のふわくです。さて、知る人ぞ知る、SONYの最上位レンズシリーズ、Gマスターに新しい仲間が加わりました。そう、SEL14F18GMです。 ソニー FE 14mm F1.8 G ...

続きを見る

関連記事
カメラストラップ Peak Design スライドってそんなにいいの?
カメラストラップ Peak Design スライドってそんなにいいの?

量販店に勤務していたころから山ほどあるストラップを見てきたふわくが自信をもってオススメするカメラストラップ Peak design Slideです。これがもうたまらなく素敵なストラップなので、ぜひご紹介させていただきます。

続きを見る

関連記事
小指がかからないアイキャッチ画像
もう迷わない!α7III/α7RIII/α9の「小指がかからない問題」対策アイテム5製品を徹底比較!

こんにちは。元量販店カメラ担当のふわくです。 α7III、α7R3、α9シリーズをお使いの方で、 グリップが握りにくい 小指があまる という問題でお悩みのかたは多いのではないでしょうか。 実はふわくに ...

続きを見る

関連記事
動画を撮らないスチル派の人が α7S III を買って幸せになれるか真剣に考えてみた

こんにちは。元量販店カメラ担当のふわくです。 長いこと気になっていた、α7S IIIがついに公式発表されました。フタを開けてみると、かなり動画機能の強化に重点が置かれた機種として仕上がってきたという印 ...

続きを見る

関連記事
まだネックストラップ使ってるの? | JJCリストストラップレビュー

こんにちは。元量販店カメラ担当のふわくです。ミラーレス一眼って、一眼レフと比べると、小型なものが多いですが、その分グリップも小さい。でもハンドストラップを付けることでグッと握りやすくなります。以前、P ...

続きを見る

関連記事
至高のグリップを体感せよ
MK-9IIGでさらに握りやすく!α7SIIIに至高のグリップ感をプラス

こんにちは。グリップ紹介おじさんこと、元量販店カメラ担当のふわくです。当ブログで反響が大きかったINPON小指かけ専用ですが・・・残念ながら、コレ、α7SIIIでは使えません。というのも、グリップサイ ...

続きを見る

関連記事
他社のフラグシップ一眼レフからSONYのミラーレスに乗り換えて良かったことと、良くなかったこと

こんにちは。元量販店カメラ担当のふわくです。まもなく、α7S IIIや、α7C、そして、来年早々にはα9IIの後継機(?)など、続々とSONYのフルサイズミラーレスの発売が予定されています。SONYは ...

続きを見る

関連記事
子供撮りメインの私が、2021年に初代α9を選んだ理由【前編】

こんにちは。「我が子がメインの被写体」でおなじみ、元カメラ販売員のふわくです。 デジかめん レッド ぜんぜん「おなじみ」じゃないんだが・・・。 突然ですが、私、α9を買いました。そうです。2017年5 ...

続きを見る

関連記事
子供撮りメインの私が、2021年に初代α9を選んだ理由【後編】

こんにちは。元カメラ販売員のふわくです。前回の記事では、α9そのものの魅力を中心に、α9を購入した理由についてお伝えいたしました。今回はその続編記事で、なぜ他のカメラを選ばなかったか、という点に焦点を ...

続きを見る

関連記事
INPON小指かけ専用に張り革したら完成形になった

こんにちは。元カメラ販売員のふわくです。以前、↓この記事の中で優勝した「INPON小指かけ専用」。貼り革をしてみたら、かなりかっこよくなったので、ぜひご紹介したいと思います。 驚愕のビフォー・アフター ...

続きを見る

(Visited 4,591 times, 1 visits today)

-レンズ, 気になる製品

Copyright© デジかめん , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.